泣く泣く我慢しました。
ロンドン塔前のオイスターバー

オイスター!

ロンドン塔の前に屋台がでてたんです。
こっちでは生ガキ&シャンパンの屋台ってフツーなんですかね?

ものすご~く食べたかったけど、
イタリアで貝を食べてじんましんがでた過去があるので、やめておきました。

普段は全然平気なんですけど、
環境が変わって疲れがたまっているときは避けた方がいいみたい。
外国で医者に行くとなると面倒ですからね。

非常に残念ではありましたが懸命な判断だったとは思います。

。・゚゚・(>_<;)ガマンガマン・゚゚・。

日本に帰ったら牡蠣食べに行こ…



グリニッジの続き(*`・ω・)ゞデシ 
さて、
カティーサーク号は残念でしたが、メインはこっからですよ!



今回、何が何でも行こうと思っていた場所がこちら…

国立海事博物館

国立海事博物館!

イギリスの海事・航海にまつわる歴史がギュ~っと凝縮された博物館なんだそうです。

具体的に何があるかわからない状態で来ちゃいましたが、
きっと私が見たいものがあるはず!と期待してました。

去年のスペイン&ポルトガル旅行では海洋博物館を見れずに涙を飲んだので、
今度こそは思う存分見るぞぉ!


お~!!ヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆


海事博物館1


ここには日本語のオーディオガイドもパンフレットもありません。

持てる歴史の知識と英単語のストックをフル回転させて、
展示物を理解していきました。

(>▽<;アセアセ




波を発生させる装置


写真を撮れる範囲が少なかったので、どこまでレポできるかな。。


波を発生させる装置。
一生懸命波をおこしている子供が可愛い!





船の一部


実は世界最大の海事博物館とか?

1階を見終わった時は、「そこまで広くないからすぐ見終わりそう」って思ったんだけど…


とんでもないですww



2階、3階の展示物の多さといったら!!




海事博物館2


おっ
なんか素敵なモノがありそうな予感!!



((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪






海事博物館3(=v=)ムフ

大航海時代の展示、

キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!! 





海事博物館4


このへん舞い上がってたので解説を写真におさめるの忘れてます…w

大航海時代に活躍した船と著名人を紹介しているコーナーだったかな。






海事博物館5



見たことある船がいっぱい!!

家に飾りたいっっ!!


.:*゚☆ヾ(゚∀゚)ノ゙☆.:*゚






香辛料マップ

これは大航海時代に富をもたらした香辛料を紹介するマップですね。
一部皿からこぼれてる…w




ジャンクシップ

「junk ship」の文字に思わず目がいく。

神奈川県沖を航海する広船。




最近すっかりサルべ専用船になっているマリフレールの愛船【ジャンクフード】そっくり!

                                    

マリ姐のジャンクフード





2階の広場みたいなとこ。
海事博物館セントラル

日差しが入って気持ちいい。 (*´∇`*)

ここに展示されているのは、15~17世紀の測量をする為の道具などです。
DOLで見覚えのあるモノがありましたよ!



海事博物館9

地理クエのときによく装備する

   六分儀


 DOL六分儀




海事博物館10

あまり使いませんが、

   ディバイダー

左下のなんてこの形そのもの。

 提督のディバイダー




海事博物館11

テーブル・クロック


17世紀のポーランドの王様のものらしい。
月の満ち欠けを測るモノとか。


   (人・ω・)☆キラキラ





ホントにこれで測量してたの?ってびっくりします。

船上で現在位置を知るのがどれだけ大変だったことか。
GPSなんて当然ないわけですから。



これはなんだったか忘れたけど…

銀皿

いかに船中心の時代だったかよくわかりますね!d(´Д`★)



海事博物館7


こっちはシミュレーター(*`・ω・)ゞデシ


自分の運転でテムズ川を航行できるのです。
やってみたかったけど、子供が占領してたww

この他に無線連絡が体験できる装置とかありました。







海事博物館8


撮影できたのは以上です(´・ω・`)



この他には、

まだ東南アジアから先まで到達していなかった頃の世界地図、
(インドから東がてきとー過ぎてワラタw日本なんて全く描かれてない)


大航海時代に英国入ってきた品々(タバコ、コーヒー、綿など)の紹介、



DOLでは大人の事情ででてこない(?)奴隷貿易に関するパネル、
(奴隷に使ったであろう手枷&足枷もあった)



時代ごとのロンドン港の様子がわかるパネル、



ネルソン提督の軍服、



美しい帆船アートの数々、



最新の潜水技術の紹介などなど。



海事博物館14

興味深い展示品でいっぱいっっ!! 



  ヽ(´▽`)/♪







DOLプレイヤーは( ̄∀ ̄*)ニヤニヤしてしまうこと間違いなし!
ここはホント期待以上だった。


発見物:国立海事博物館


そんなわけで、イギリスの海の歴史に大いに触れることができ、非常に有意義な時間を過ごせた国立海事博物館でした。



次回もグリニッジの続き(*`・ω・)ゞデシ
2010.10.20 / Top↑
Secret