上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
☆(b'v`★)bキラッ☆
ディアマン

ディアマン!

生地を半日冷蔵庫で寝かせ、
水をぬってグラニュー糖をまぶし、カットして焼きます。

ディアマンは『ダイヤモンド』の意味。
周りについているお砂糖がキラキラしてるでしょ?

シンプルでやさしい味に仕上がりました。
けっこう簡単で美味しくできるので、
また作りたいな♪

□pヽ(^∀^ )ノコーヒーと一緒にイタダキマス。


さて、
Tierra Americanaについても書かないといけませんが、
記憶が鮮明なうちに、リアルで参加したイベントのレポを。 
フレにこの作品のファンの方もいるようなので。 
先日、

『攻殻機動隊S.A.C.

           Solid State Society 3D』


オールナイト完成披露試写会に参加してきましたぁ♪

攻殻SACは2002年から2回のTVシリーズを経て、2006年にも長編が発表された人気作品です。
今回の映画は2006年の長編を3D映像にしたもの。

私の大好きなアニメベスト3に入る作品だったので、
25:00開始で次の日仕事なのにも関わらず、迷うことなく応募・・・

そして見事当選!わぁいヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ わぁい♪


バルト9外観場所は新宿バルト9。

試写会後に千葉の家に帰ってまた仕事・・・というのはさすがに無謀なので(そもそも電車ないw)、この日は仕事場近くのホテルをとりました。ホテル代で映画が何回も見れるとかいうツッコミはなしです。誰よりも早く作品を見れるし、イベント付きなんですからっ!

会場についたのは21時過ぎくらい。当選メールを見せて座席指定券を受け取ります。youtubeと攻殻のコラボTシャツもいただきました!


バルト921時頃チケットカウンターの上がバルコニーみたいになっていて、トークショーはここで行われます。2回まわしらしく、シアター番号で映画が先組とトークショーが先組で分かれてました。私はトークショーが先だった。

会場はとにかく攻殻仕様になってまして、併設カフェも攻殻をイメージしたメニューが並んでいたようです。残念ながら私はカフェの営業時間にはいられませんでした。イベントの最中は関係者のレセプションが行われていた模様。(音がダダ漏れw)

ちなみにカフェは新宿以外でも展開されているようです。


攻殻DP2


タチコマめっけ♪

私はそれほどメカに萌えたりしないんですけど、タチコマは戦車なのに可愛いよね…
これを見た後、ショップでタチコマフィギュア買っちゃったw(本当はぬいぐるみが欲しかったけど、高い…)







攻殻限定ポスター
開始までえらい時間があったので、ネカフェでDOLにインしようかと一瞬考えたけど、せっかくなので、会場の雰囲気を楽しみたいな~と思い、夕飯を食べた後はベンチを確保して、ずっと待機。

待っている間、ずっと流れている予告編を見ていたんですが、思った以上に3D映画ばかりでびっくり。ワンピースも次は3Dなんですねぇ。パイレーツ・オブ・カリビアンの予告編で、見覚えのあるグリニッジが写った時はテンションが上がった!



さて、今回は『新宿バルト9を公安9課がハック!』の言葉通り、3D対応のスクリーンを全部貸し切っての1600人規模の試写会でした。
               
そして迎えた25:00・・



              

神山監督登場

神山監督登場! (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

この方が自分の好きな作品を作ってる人かぁ…とガン見する私w

トークショーは40分くらい。
この日の模様はツイッター、ブログ、facebookで拡散自由!ということでした。
さすが攻殻。情報伝達に寛容だわ。(o^-')b グッ!

以下、話してた内容を箇条書き ↓


神山監督UP○『アバター』を見て、スタッフがアバターには勝てないと言った中、監督は『攻殻』なら勝てる!と言った。

○電脳のインターフェースが飛び出すので、そこが見所。

○今回の公開には、かなりの反響があった。このまま終わらせてはいけないタイトルであると実感した。

○この3Dの興行成績次第では、攻殻新作のチャンスがあるかも…?

○3D化にあたり、音や絵の明るさを調整した。


などなど…
ファンにはたまらないトーク盛りだくさんでしたよ~

また、同時上映で神山監督の新作短編を予定しているそうです。
映像をちょこっと見ましたが、サクラダファミリアが写ってました。
新作の舞台はスペインなのかしら?
これからでてくる情報が楽しみです。

トークショーの後はシアターに移動し、いよいよ本編鑑賞!
実は3Dって初めてだったんです。
楽しみ~o(〃^▽^〃)oワクワク






以下、おーざっぱですが感想 ↓

まずは新作オープニング。
3Dを初めから意識して作られているだけあって、
タチコマなどのメカの立体感を感じられました。

キャラクターは髪とか肌とかが立体的になってました。
元々2Dだったものなので、やりすぎず、いい具合だったかと思います。

次にインターフェース。
「観る人を電脳化する3D」がここにあります。
自分が電脳化したらこんな風に見えるのね~(・д・)オオ~



情報量が多い作品ですけど、そこが攻殻の特徴(?)
特に最初の方は会話を通して怒涛の状況説明が続くので、集中しないといけません。

最近、お年寄りが亡くなっていることに気づかなかったというニュースありましたよね。
子供に対する虐待のニュースも増えてます。
リアルでそんなニュースを耳にすることもあり、
内容がより身近に感じられ、4年前に見た時より理解が深まったし、考えさせられたかも。

そして、やっぱり菅野さんの音楽は素晴らしい。
(ここは言わせていただきたいw)

♪date of rebirth / Origa(EDテーマ)



試写会が終わったのが午前4時過ぎ。
始発でホテルに戻り、3時間も寝ずに仕事に行ったのでした(-ω-;)
何度も意識が飛びそうになったけど、頑張ったよ!w


公開は3月26日です。
短編もありますし、公開されたらもう1回見に行こうと思ってます。
TVシリーズも見直そうっと。

そんなわけで、初めての3D映画を堪能したマリ姐でした♪

なんか勢いですごく長く書いちゃったけど…まぁ、いっか。

次回はDOLに戻りま~す。
2011.03.01 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。