上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
WIRED cafe 上野アトレ店で食べましたよ。
キャラメルはにーでにっしゅ

ハニーキャラメルデニッシュトースト!

バターたっぷりのデニッシュに、
バニラアイスと生クリーム!そしてハニーキャラメルぅぅぅぅうう!

飲み物だけ頼もうと思ってたのに…
我慢できんかった(ノ∀\*)キャハ

スカイツリー記念がどうとかって書いてあったんですけど、
どこにその要素があるんでしょうね?w

☆:*・゚(●´∀`●)ウマ~:*・゚


さて、タイトルにある通り、
東洋文庫ミュージアムに行ってきました!! ↓



こちらでは6月24日まで、 『東インド会社と東洋の海賊』という、
DOLプレイヤーにはたまらない展示をやっております。

というわけで、やってきましたはJR駒込駅から徒歩8分にある、
東洋文庫ミュージアム!

東洋文庫M正面

キレイで立派な建物ですね~

それもそのはず。
できたのは去年末とのこと。

館内はフラッシュさえ使わなければ写真撮影OK!
というわけで、遠慮なく撮らせていただきましたよ~

東洋文庫2ホール入ってすぐのホール。
奥には庭園があり、カフェも併設してます。


さて、こちらの東洋文庫ミュージアムは「文庫」と名がつくだけあり、展示品のほとんどは書物・地図などの紙資料です。

常設展「東洋文庫の名品」(内容は入れ替えあり)と、企画展があります。



毎日ミュージアムアテンダント(or学芸員)によるガイドツアー(無料)があるので、
利用すると理解が深まるんじゃないかな。


このホールで主に展示されていたのは、
海賊行為の記録や、海賊に捕われた経験を元にした小説などでした。


東の海の海賊たち マラヤの海賊

(左)東の海の海賊たち 1933年 海賊と東インド会社の旗が記されている。
(右)マラヤの海賊 1930年


東洋文庫3中国の海賊に捕われたフランス人女性 東洋文庫4

(左)中国の海賊に捕われたフランス人女性 1886年
(右)トンキンの海賊に捕われて 1895年


東洋文庫5南中国沿岸の海賊たち

↑南中国沿岸の海賊たち 1987年

1790-1810の南中国沿岸における海賊被害を記録したもの。
おなじみのジャンク船ですね♪

ちゃんと読んでみたいなぁ~


他にも平清盛が海賊と関連があるらしく…(日本史に疎い私(・∀・;))
それ関連の書物がありました。




続いて、2階へ行くと…

モリスン書庫1

モリスン書庫2

!!( ; ロ)゚ ゚

モリソン書庫の本のスゴさに圧倒されました。
本の多さだけじゃなくて、年代物の迫力ってやつですかね…

ここの創設者がモリソン博士から東アジア関する欧文の書籍・絵画・冊子等約2万4千点をまとめて購入したらしいんですが、その買い取り金額はなんと70億円!…マジスカww

これ見るだけで来てよかった~って思えますよ! (o・∀・)b゙


しかし、我々のメインはこれからなのであった!
次回に続く!
2012.06.01 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。