上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ステキな断面♪
蟹小龍包2

蟹小龍包!

台湾発の鼎泰豊。
日本の店舗にはないメニューがけっこうありましたよ~

新宿の鼎泰豊行く時は無難にフツーの小龍包を頼んでしまうんですが、
旅行だし♪奮発して蟹にしちゃいました!

そしたらめっちゃうま~♪♪♪

見て見て!カニみそしっかり!
蟹の味もしっかり!

(๑╹ω╹๑ ) うますぎですがな!

海事博物館の続きです♪ ↓



シンガポールの海洋博物館を楽しんでいるマリ姐御一行。
続いて見たのは・・・


シンガ海2-9マスカットの宝石という、オマーンからシンガポール政府に贈られた船。

サルベージされた残骸をもとに再構成された、9世紀のアラビアのダウ船。

公式サイトの写真。↓
マスカットの宝石


ちゃんと正面から写真を撮っておけばよかったわ~(´д`ι)


そして、メインのアトラクション!

タイフーンシアタータイフーン・シアター!
(写真禁止の為、説明だけでスマソ)

←まず、こちらで映像を見ます。

音声は英語で字幕は中国語。
でもなんとなくシチュエーションはわかるようになってました。

金の杯を届けるようエライ人から仰せつかった人たちが、乗船するまでを描いていた…タブンw



次に、360度の映像が観れる部屋の中に移動。
船が出港してからの映像が始まります。

ここから台風に遭って、船が沈むまでを体感できるという…

荒波に飲まれるときは座席が揺れて濡れる!
これがけっこう迫力ありまして、面白かったですヨ。



シアターの出口をでると…

沈没船と水族館

こーなっております! (≧∇≦)ノ


そして、海事博物館から水族館に切り替わりマス。

そのまま水族館にも行けますし、
沈没船からでた品々の展示もあるので、そちらを見ることもできます。

サルベージャの私にはたまらないですわ~
展示品自体は地味だったけどネ。


シンガ海2-13

いかにも海に沈んだ感じの青磁…(〃ω〃)
ロマンがあるね♪


船に積まれたモノたち。
船上でも娯楽は必要! ↓

シンガ海2-11


他にも船の模型あった。 ↓

シンガ海2-7 シンガ海2-8




そして、東南アジアに生息する魚を主に集めた水族館。


シンガ水族館1 シンガ水族館2

シンガ水族館3 シンガ水族館4

シンガ水族館5 シンガ水族館6


料金に含まれてるからという理由でついでに見た水族館だったんですが、
実は海洋生物の発見物があったんですよ。

シンガチンアナゴ.JPG
チンアナゴ解説.JPG


DOLチンアナゴ.jpg堺の書庫からでる
イヌ顔の魚の地図より、
チンアナゴ!

一番インパクトがあったので、写真に撮っておいたんですが。さっき発見物リスト見てたら偶然同じのを見つけたというw

探せば他にも発見物あったかも?






というわけで、
シンガポールで海のシルクロードに触れることができたマリ姐でした!


発見物シンガマリタイム 発見物チンアナゴ.jpg

2013.03.21 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。