大好きなパスタです♪
カルボナーラ@ラカルボナーラ

カルボナーラ!

今回の旅で「本場のカルボナーラを食べる!」と決めていたのデス。

日本のカルボナーラとの違いは、
 ・生クリームなし
 ・ベーコンではなくグアンチャーレ
 ・パルミジャーノではなくペコリーノ・ロマーノ  です。

豚肉を塩漬けにして燻製したものがベーコン。
豚の頬肉を塩漬けにして何十日も熟成させたものがグアンチャーレ。
豚バラ肉(頬肉より肉部分が多い)を塩漬けにして熟成させたものがパンチェッタ。

グアンチャーレはかなり脂身が多いモノなのですが、
これに火を入れるとなんともいえない旨みがでてくるのです・・・

でも、ペコリーノ・ロマーノというチーズがかなりあっさりしているので、
日本のカルボナーラよりくどくない、と私は思いました。

3日間の間に2回食べちゃいましたよ…ホホホ

(∩゚∀`∩)カルボナーラ最高!!


では、
DOLな旅 ローマ篇のスタートです! ↓



マリナ1209 「中の人にとってローマは2回目の訪問です。」

マリア1209 「前回はツアーで、お決まりの所を限られた時間で見ただけだったのよね。」

マリフ1209 「今回はすべて自分たちで移動、スケジュールも自由なのだ♪」

マリア1209 「じゃあ、思う存分楽しめるわね!(o・∀・)b゙ 」




しかし、帰国日にストライキが予定されていると出国前に判明・・・
「予定通り帰れるのか?」という不安を抱えつつ、旅立ったのでした。


無事ローマの空港に着き、荷物がでてくるのを待っていると、
いきなり真っ暗に!ΣΣ(゚д゚lll)テイデン?

その後、1時間ほど荷物はでてきませんでしたよっと。
先に行った母も同じように荷物がなかなかでてこなかったそうな。
日本じゃなかなかないよね?
しょっぱなから、ここはイタリアなのね~っと思った出来事でした。


ローマ市内1

今回は丸3日間ローマだけを観光。
私が行きたいところを行く・・・という話だったのだが
カラカラ浴場カタコンベは親に却下された…( ;∀;)

昔行ったけど、何もなかったと言われ。。
何もなくていいの!遺跡萌えなんだから!
朽ちた石だらけでもOKなの!って思ったんですけど、
日程的にも厳しいので今回は諦めましたとさ。


ローマ市内2

ローマは遺跡の上にどんどん建物を建てて行った街なので、
てきとーに歩いていると、上みたいな所によく出くわします。


ローマの何かの遺跡

これは何の遺跡だろうね?(。´・ω・)



さて、
今回はDOLにはでてこない場所ですが、

ナヴォーナ広場1

ナヴォーナ広場!

1世紀後半、ドミティアヌス帝が競技場を作ったのが最初。
3万人を収容する細長い広さの競技場だったそうな。

15世紀には市場となり、その後広場になったようです。

競技場跡っぽい形してますネ。


ナヴォーナ広場2

いい天気でそ♪(〃ω〃)

絵を売ってる人と観光客でいっぱいでした。


ナヴォーナ広場3

ネプチューンの噴水
像は19世紀に足されたモノ。



そして広場中央には…

ナヴォーナ広場4

四大河の噴水

四大河を擬人化したベルニーニの作品。
実際に彫ったのは弟子らしいです。

真ん中にはオベリスク。

オベリスクは古代エジプト製作のモニュメントで、
戦利品として他国に持ち込まれたのはよく知られていますネ。

現存する30本のうち、
13本はローマにあるらしい。

どうやってエジプトから運んだんだろ。
ローマ帝国時代は海がもっと近かったはずだから、船で簡単に運べたのかな。


ナヴォーナ広場6

今回美術館でもベルニーニの作品をけっこう見たんですが、
DOLでベルニーニに触れることって全然ないですよね?

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」
とまで言われていて、活躍したのは17世紀。

大航海時代の定義は一応17世紀半ばまで。

15~16世紀に活躍したミケランジェロやラファエロと微妙に時期がずれているからなのか、
運営の好みなのか…

DOLの時代設定って曖昧だからなぁ…w


ナヴォーナ広場5

サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会

建物が美しぃ・・・(w´ω`w)ウットリ


ナヴォーナ広場7

というわけで、
ローマ市民の憩いの場でした。


発見物ナヴォーナ広場


しばらくDOLな旅 ローマ篇にお付き合いよろしくです!



   (≧∇≦)ノ
2013.06.20 / Top↑
Secret