魚介が美味しいの~♪
魚介のリゾット

魚介のリゾット!

テルミニ駅の近くのレストランで食べました。
パスタもいいけど、お米も食べたくなる。
だって日本人ですもの~

手長エビ、イカ・・・大好きな魚介の旨みがでていておいしぃ~♪

ヾ(o´ヮ`)ノ うまうま♪


フォロ・ロマーノの続きです~ ↓





マリア1209 「前回DOLフォロ・ロマーノのSSをUPするの忘れてた。」

DOLフォロロマーノ1

フォロロマーノDOLSSとの比較


マリナ1209 「サトゥルヌス神殿とバジリカの一部が一致しましたね!」

マリア1209 「DOLでもフォロ・ロマーノを散策できたらいいのにね。」

マリフ1209 「そして、各遺跡のクエスト!まだまだ作れるよ!」





ローマだけでも相当数のクエストが作れるはずなのですが、
アプデではたいしてクエが追加されず…

海事と造船をやらない自分は最近アプデにワクワクしない!(o・`Д´・o)プンプン


それでは前回の続きから。
次に見た遺跡は・・・

フォロロマーノ1-11

神君カエサル神殿

矢印の先がカエサルの火葬が行われ、アントニヌスが追悼演説をした場所。
神殿っぽさは全然残ってないので、
ガイドなしだとフツーにスルーしてしまうでしょう。



フォロロマーノ1-9

右の柱がカストルとポルクス神殿

共和政ローマ時代、双子神に捧げられた神殿。
残っている円柱はティベリウス帝が修復したもの。


左の柱がヴェスタ神殿

炉とかまどの神ヴェスタに捧げられた神殿。
円柱ははセプティミウス・セヴェルス帝の修復によるもの。

ここで聖なる火を巫女さん達が守っていました。
任期は30年で、その間は純潔でないとダメ。
守れなかったら生き埋め…残酷…


どっちも円柱しか残ってないよ~(-∀-`; )


フォロロマーノ1-10

ヴェスタ神殿の隣には、ヴェスタの巫女の家

巫女さん達が生活する家。
手前には中庭。巫女さんの像などが並べられています。

当時の女性としては異例の特権を持っていたそうです。
財産権とかね。
あったとしてもやりたくないけどw



フォロロマーノ1-13

アントニヌスとファウスティーナの神殿

アントニヌス・ピウスが皇后の死後、彼女の為に建てた神殿。
11世紀にはそれを利用して教会が建てられています。

修復が入っているものの、
フォロ・ロマーノの中では一番形が残っている遺跡なんじゃないかな。

とにかく柱が太くてすごい迫力。
長さは17メートル。


フォロロマーノ1-14

横からみるとこんな感じ。




フォロロマーノ1-15

マクセンティウスのバジリカ

306年にマクセンティウス帝が建て始めて、
コンスタンティヌス帝が完成。

コンクリート建築で、実際はこの倍以上の大きさだった。
当時の復元図が見れるサイトを見つけたよ。➝クリック

カピトリーニ美術館で見たコンスタンティヌス帝の巨大な顔と手は、
ここに設置されていたとのこと。

残念ながらイベントの準備が進められていて、立ち入り禁止。
もっと近くに行きたかったなぁ。




フォロロマーノ1-16

ティトゥスの凱旋門

ヴェスパシアヌスとその息子ティトゥスの
エルサレムでの戦勝を記念して81年に建てられた門。

外観はシンプルですね。



フォロロマーノ1-17

門の内側には装飾が。





フォロ・ロマーノはここで一区切り。

最後に復元図をご覧ください。↓


フォロロマーノ復元図

かつてはこのように栄えていたのでしょうか。

あちこちで修復作業やっていて、見られなかったところも多かった。
さすがに大昔の遺跡なので、
修復しないとやばいくらい劣化してるのかもしれませんね。

古代ローマ史が大好きな人にはたまらない場所。
たいへん有意義な時間でした。


リアル発見物フォロロマーノ

というわけで、わずかに残っている遺跡を見つめ、
想像力を膨らませたマリ姐でした。



次回へ続く!
2013.07.26 / Top↑
Secret