久々にタルト型使ってみた~

アーモンドケーキ

アーモンドケーキ!

小麦粉、アーモンドプードル、卵、ラム酒、バニラビーンズを入れた生地を、
倍量でタルト型に入れて焼いてみました。

レシピにはなかったんですが、ただ茶色いだけのケーキはつまんないと思って、
紋章の型を紙で作って粉糖ふってみました。

かっこいいでしょ?

フィレンツェの紋章です。
シンプルだと思って選んだんだけど、カッターで切りぬくのは思った以上に大変だった(・∀・;)

肝心のケーキは初めて作った割には上出来!
しっとりしててバニラとラム酒の風味がよく、配った人たちにも好評でした~

v(´・∀・`*)vィェィ♪


アムステルダムの続きです~ ↓






引き続き、アムステルダムのDOLスポットを紹介していきます。

今回はネデ国籍のキャラを持っている人は何度も爵位をもらいにいったであろう、あの場所…
DOL画像と比較してご覧くださいませ。

ネデ王宮R1

ネデ王宮DOL1

王宮!

1655年に市庁舎として建てられたもの。
ナポレオン統治時代に王宮となっています。
現在女王はハーグに住んでいるので、特別な行事にのみ使われているようです。

DOLの方はだいぶ簡略化されてますけど、本物を参照したのはわかりますね。
中に入ってみましょう!


ネデ王宮R2

ネデ王宮DOL4

市民の間

装飾に違いはあれど、窓の造りは本物とほぼ同じ!



ネデ王宮R5

ネデ王宮DOL2

ネデ王宮R6





ネデ王宮DOL3

こちらはDOLの床。
大理石っぽいところはだいぶ似せてありますが、リアルとは違う所があります。


それは・・・



ネデ王宮R3

リアルでは、床にVOC公式地図職人ブラウの大きな地図が描かれてあるのです!

☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆―


ネデ王宮R4

北海道あたりがおかしいですねw


ブラウの地図はこの旅行でたくさん見ることができました。

そして今、東洋文庫ミュージアムでブラウの大地図帳が日本初公開されています。
8/9までやっているので、DOLプレイヤーは是非!

私も近いうちに行く予定です (๑・∀・๑)

《関連記事》
東洋学が身近に感じるミュージアム【東洋文庫M①】
まじまじと間近でマジ見【東洋文庫M②】
ホントに本が多い日本の本棚【東洋文庫M③】



ネデ王宮R9

市民の間の周りにはこんな感じのゴージャスで絵画の飾ってある貴賓室みたいなのがたくさんありました。


ネデ王宮R10

帆船の絵画見っけ!



市民の間に戻ります。

ネデ王宮R12


ネデ王宮DOL5

マリフ1209 「ところで、DOLでのこの天井画。リアル王宮とは全く違うね。」

マリア1209 「っていうかこの絵、ローマで見たことない?」

マリナ1209 「そういえば・・・」


DOLアムス王宮の天井画はかつてローマのファルネジーナ荘で見た、
ラファエロ作『ガラテア(の凱旋)』です。
渡航前SS撮ってる時に気づいたんですよね。


関連記事→フレとフレスコ画に触れるのはオフレコ(DOLな旅 ローマ篇3)



マリフ1209 「ラファエロとオランダってまったく関係ないよね?」

マリア1209 「うーん、DOL運営がてきとーに張り付けたのかしら?w」

マリナ1209 「その可能性高いですね~w」


もしかして気づかなくてもいいところに気づいちゃった感じ?
まぁ、いっかw

そんなわけで、王宮を満喫したマリ姐でした!



発見物王宮

 マリフ1209 「次回の内容は中の人の気分次第!(オイ)」
2015.04.30 / Top↑
Secret