上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
マンゴー大好きなの!
DOLマラッカF

マンゴーづくし!

香港でどこにでもある許留山のスイーツです。
クアラルンプールの店舗で食べました。

マレーシアは気温32度がデフォルトで、とても長時間外にいられません。
小まめに冷たいもの&水分を摂らないと干物になっちゃう。。。

(*´д`*)冷たいのがうれし~


DOLな旅 マラッカ篇の続きです! 





     





日本人が知ってるポルトガルの有名人と言えば、
誰もが習うフランシスコ・ザビエルですね。


マリナ1209 「アルブケルケがゴアを攻略してから31年後。ザビエルはゴアに到着しました。」

マリア1209 「国王の要請でインド各地で布教活動をし、その後東南アジアへ。」

マリフ1209 「マラッカに立ち寄った際、日本人のヤジロウと出会うんだよ。」



ヤジロウは現在の鹿児島出身で、詳細は不明ですが人を殺してしまい、
ポルトガル船に乗ってマラッカまで逃げてきたようです。

ヤジロウはザビエルのもとでキリスト教について学び、ゴアで洗礼を受けました。
日本で最初のキリスト教徒と言われています。



DOLではヴェネチア受けクエスト『黄金の国からきた男』で登場します。

発見物ヤジロウの碗





そんなヤジロウに関するモノがあるというので、見てきました。


マラッカ2-7

ヤジロウの像!

1849年にザビエルの功績を称えられて建てられた、
フランシスコ・ザビエル教会にあるものです。



マラッカ2-8

日本の団体から寄付されたものだそうですよ。
なんで2体もあるの?って思ったんですが、2つの団体から寄付されたみたいですね。



1549年、ヤジロウと共にザビエルは日本へ。

しかし時は戦国時代(まさに真田丸・・・w)。
思うように布教はうまくいかず、
約2年の滞在の後、他の宣教師に日本を任せてゴアに帰還。
中国への布教をすすめようとする最中、1552年ザビエルは熱病で亡くなります。

ヤジロウがいなかったら、日本にキリスト教が入ってくるのはもう少し後だったかもしれないですね。



マリフ1209 「ヤジロウはどうなったの?」

マリア1209 「実はちゃんとしたことはわかってないの。」


日本では秀吉が天下の時にキリスト教が禁止されました。
ヤジロウが隠れキリシタンとして布教したとする説、
キリスト教を捨て、海賊となって殺された説などがあります。

ザビエルを連れてきた人なのにそこまで日本でポピュラーじゃないのが不思議ですね。



そして、亡くなったザビエルの遺体が一時保管されていたとされる教会があります。

マラッカ2-1

セントポール教会礼拝堂史跡!

1521年にポルトガルによって建立されたカトリック教会。
前回紹介したセントポールの丘の頂上にあります。

右にあるのはザビエルの像です。



マラッカ2-2

前回同様赤い補強が浮いております・・・(苦笑)



マラッカ2-3

屋根はないし、ボロボロです。
ポルトガルの後に支配したオランダ、イギリスがプロテスタントだから、
ずっと放置されていたんですね。。



マラッカ2-4

実は置いてある墓石はプロテスタントのもの。
もともとは墓地にあったものですが、マレーシア政府(イスラム教)が撤去しようとしました。

他の場所が見つからず困っていたプロテスタント派に、
カトリック派が「同じキリスト教のよしみで」と墓石を置く場所を提供したんだそうです。



マラッカ2-5

野良の子猫がいたんでパチリ。
可愛い~( ´∀`)



マラッカ2-6

髑髏のマーク!
海賊の墓石?・・・マサカネ。


ザビエルの遺体はここにしばらく保管された後、ゴアに移動しました。



というわけで、マラッカにおける日本とポルトガルの繋がりを知ることができたマリ姐でした!



発見物西ヤジロウの像  発見物セントポール教会


マリナ1209 「次回はオランダ支配時代についてです!」
2016.09.12 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。