久々にタルト作った~
モンブランタルト自作201611

モンブランタルト!

パートシュクレ(タルト生地)の上にアーモンドクリームを入れて焼き、
その上に生クリームとマロンクリームをのせます。

仕上げにピスタチオと甘栗でトッピング♪

18cmタルトの量のクリームを15cmタルトにのせたもんだから、
どう見ても盛り過ぎで男前な仕上がりに・・・w

でも美味しかったです!

秋スイーツうま~(*゚▽゚)ノ


さて、
DOLな旅 ネーデルラント篇

オランダ海洋博物館は今回でラストです! ↓








引き続きオランダ海洋博物館を見学しているマリ姐御一行。


オランダの捕鯨に関する展示↓

DOL旅ネデ15-1

DOL旅ネデ15-26

DOL旅ネデ15-3

DOL旅ネデ15-4

マリナ1209 「1590年代にバレンツの北東航路開拓によってクジラの生息地が見つかりました。」

マリア1209 「その後、捕鯨場を巡って武力でイギリスと争ったわ。」

マリフ1209 「17世紀後半にはオランダが鯨油市場を独占し、相当利益を上げたんだって。」



クジラが枯渇しては狩場を移動。
イギリス、アメリカも同様で、あまりにもクジラを捕り過ぎた為、
20世紀には大西洋からクジラがいなくなったとか・・・

オランダが捕鯨していたとは知りませんでした。
ウィレム・バレンツの北東航路についてはまた今度触れたいと思います。




DOL旅ネデ15-7

DOL旅ネデ15-8

オランダ公式地図職人ブラウ親子に関する展示。
彼らの地図は航海記録や水夫との会話をベースにしているとありました。



DOL旅ネデ15-9

上:地中海において貿易をしているオランダ船
by Reinier Nooms 1656年頃

下:ノルウェーまたはスウェーデンの海岸におけるオランダ商船
by Adam Willaerts 17世紀後半



DOL旅ネデ15-11

ミヒール・デ・ロイテルの肖像画 by Karel du Jardin, 1669

1657年にミヒール・デ・ロイテルに押収されたアルジェリアソード



またロイテル氏がでてきました。
国立美術館にも展示があったので、こちらも今度また触れたいと思います。



VOCと長崎の関わりの品も! ↓

DOL旅ネデ15-14

DOL旅ネデ15-15

19世紀初頭の日本の磁器

マリア1209 「この装飾、ステキね!」




DOL旅ネデ15-16

18世紀におそらく日本で作られた長崎港と東インド会社のジオラマ



DOL旅ネデ15-17

世界ふしぎ発見!の録画を見たのですが、出島が今、復元されていると知りまして。
今、出島に行きたいモードに入ってるので、もしかしたら来年行っちゃうかもしれません。


マリナ1209 「るるぶ長崎も買いました!w」




船の装飾品や測量の道具などもたくさん展示。
 ↓

DOL旅ネデ15-18

DOL旅ネデ15-19

DOL旅ネデ15-20

DOL旅ネデ15-21

DOL旅ネデ15-12

DOL旅ネデ15-13

DOL旅ネデ15-5

DOL旅ネデ15-10



最後にあまりの数に驚いた帆船絵画の部屋。
(写真ではわかりにくいのですが~)

DOL旅ネデ15-22

マリア1209 「この他にあと2部屋くらいあったのよ。」

マリナ1209 「一部をご紹介します!」



DOL旅ネデ15-23

DOL旅ネデ15-24

DOL旅ネデ15-25

この他に、地図資料の部屋(部屋が薄暗かった為写真なし)、
子供が遊べる部屋もありましたよ。


というわけで、
大量の航海資料に常にハイテンションだったマリ姐だったのでした。

発見物オランダ海洋博物館

前回も今回も行きましたが、全然飽きないです。土産物屋も充実してますし、DOLプレイヤーはアムスでの必須スポットです!


次回はまだあるアムステルダムのDOLスポットをご紹介します!






マリフ1209 「次は北東航路についてだよ~」
2016.11.23 / Top↑
Secret