上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ガスパッチョ

ガスパッチョ!

アンダルシア地方を代表するトマトベースの冷たい野菜スープ。

ピーマンやタマネギのみじんぎりがちょっと入ってます。
ちょっと酸味があって、暑い日にはもってこいですね。


私が日本に帰ってとにかく欲したものは野菜でした。
母もこれでもかっ!ってくらいの野菜いっぱいの料理を作ったw

スペインではあんまり野菜でてこなかったんですよねー。
サラダとこーいったスープはあるんだけど、
温かい野菜のおかずっていうものを食べた記憶が・・・

体が欲したりしないのかなー
人種の違いかなー

そう思うと日本人ってやっぱ草食なのかもネ。


さて、今回はマドリッド篇です! 

ちなみにスペイン人は1日5食
私たちが通常食事する時間にレストランに行っても、空いてる事が多いです。

 【スペイン人の食生活】
 
 1:7~8時。チュロスをココアなどにひたして食べるのみ。

 2:11時くらいにおやつ。タパス(小皿料理)やサンドイッチを。
   この時間になると、会社に何も言わずに誰もが抜け出してバルへ行くらしい・・・マジすか。

 3:14時くらいから昼食。

 4:18時くらい。会社帰りにバルに寄ってタパスを食べたり1杯飲んだり。

 5:21時くらいから夕飯。子供もこの時間なのかな・・・。



ちなみに私は・・・

 【マリ姐の食生活】
 
 1:8時。野菜ジュースとハムチーズ or じゃこ海苔チーズトーストが定番。

 2:10~11時。小腹が空いたらおやつ。(なるべく食べない!)

 3:12時。食べたいものをガッツリ食べる。

 4:15~16時。小腹が空いたらおやつ。(なるべく食べない!)

 5:19~20時。もちろんガッツリ。
   冬は食後に緑茶とみかん。

 6:21時。紅茶と茶菓子。



うーん。(-ω-)
昼食と夕飯の時間にズレがありますねー。

それに、おやつのカロリーが違いそう。
タパスってコロッケとかソーセージで高いそうだし。
すっごく美味しそうだけどっっ!



それではマドリッド観光へGO!(* ^-^)ノ


マドリッドはイベリア半島のほぼ中心地に位置します。

1561年にフェリペ2世が宮廷を移動させたことで首都になったそうな。





アトーチャ駅

アトーチャ駅。

ここの構内は植物園みたいだとか。
次回は是非、汽車を使いたいですね。

ここで次のスポットの説明があり・・・

DOLアンテナ発動!
   (☆Д☆)キラリーン♪




      サン・ヘロニモス教会

サン・ヘロニモス・エル・レアル教会!

ここは今、Liveイベントで大活躍の天正遣欧少年使節が、
フェリペ2世に謁見した教会なのです!

すでに日本を発って2年以上経過していた彼らは、
日本をでたときにはぴったりだった紋付はかまがつんつるてんだったそうな。

そりゃ、成長期だもんね。

タイムリーな少年達の話題に、
明らかに他のツアー客より私の食いつきがよかったのは言うまでもない・・・w


そしてその目の前にあるのが・・・
プラド美術館入口プラド美術館!
      
d(゚∀゚)


上野にきたプラド美術館展は行ったけど、
やっぱ本場にこないとっ!


さて、1万点もの作品があるプラド美術館ですが、
限られた時間の中で全部見るのは当然不可能。

というわけで、目玉である3人の画家の絵をメインに見ていきました。
(※現在は撮影不可なので画像は他サイトから拝借)


まずはエル・グレコ!

実はトレドにあるエル・グレコの家が改装中らしく、
そこにある絵が一時的にこちらで展示されていました。

その絵がこれ!(もっと色がキレイだった気が・・・)
トレドの景観と地図
『トレドの景観と地図』

エル・グレコの愛した町、トレドと、
彼の息子がトレドの詳細な地図を持っているというこの絵。

トレドに行く前に是非、これを見てください。とガイドさんに言われました。
その理由はあとでわかります。


エル・グレコ 受胎告知
エル・グレコって本名じゃないんですね。
『ギリシア人』って意味のスペイン語の通称。

本名は
ドメニコス・テオトコプーロス

うん。言いにくい!w (;´@へ@`)


色合いが独特で、
特にどの絵も「赤」が気になって、つい目がいく。

赤はなんかの虫を潰して作るとか言ってたかな・・・。
昔は絵の具売ってないですからね。

実際に作品を見た影響からなのか、
今、DOLではエル・グレコ関連の美術クエをやってます・・・タノシス。



そして・・・ベラスケスで私が見たかった絵はこれよっっ!!
ラス・メニーナス
『ラス・メニーナス』


ベラスケスの傑作です♪

教科書で見たときから、ずっと好きで!
本物を見れるなんて感激っ!
v(゚∀゚v)

けっこう大きな絵でびっくり!
遠くから眺めると・・・部屋の遠近感があったり、服のひだが立体的!

でも近づいて見ると、もちろん、1枚絵なのですよ。

すごいなぁ 

。゚+.(*`・∀・´*)゚+.





そして、大航海時代じゃないから触れるつもりなかったけど、
ゴヤのこの絵のインパクトはすごかった・・・。

『我が子を食らうサトゥルヌス』


グロッ ΣΣ(|||`□´|||;)


見たくないのに見てしまうとはこれいかに。
これ描いてる時、ゴヤは失意のどん底だったとか・・・。

オリジナルはもっと暗くてハッキリした絵です。



その他には『マルガリータ王女』『裸のマヤ』『着衣のマヤ』『カルロス4世の家族』などを鑑賞♪

3人の生涯と絵に込められた意味を聞きながらの鑑賞は、
ただ絵を見るだけより断然楽しい♪
作品のほとんどを見ることができないのは残念過ぎる。


って、あぁぁぁぁあああ~~~~!!! 
『ブレダの開城』見逃したぁぁぁあ!! ・゜・(PД`q。)・゜・



プラド美術館は少なくとも半日は欲しいですねー。
是非ともリベンジしたい!

絶対また来るんだからっっ!!(*゚Д゚)/゚+。


    発見物カード:サン・ヘロニモス教会   発見物カード:ラス・メニーナス



ダメだ。やっぱ1回じゃ終わらない。(;´Д`A

マドリッド篇の続きは次回!
2009.11.12 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。