とある日の朝食(*`・ω・)ゞデシ
とあるスペインでの朝食

サラミ!

ブッフェでは必ずありましたね。
サラミとオリーブはどこで食べてもハズレがなかったです。

観光客用のアメリカン・ブッフェなので、
スペイン人は朝食ではこんなに食べません。

朝から卵を食べるのが気持ち悪いって思うらしいよw

美味しいのに(○´д)(д`○)ネー


しかし毎日こんな朝食だったら絶対太るねw
でも旅行中は気にしなーい♪


さてさて。
今回は写真いっぱいのグラナダ篇(*`・ω・)ゞデシ 


グラナダ観光へGO!
グラナダ地図
グラナダはシエラ・ネバダ山脈の麓の平野に位置します。

1492年のレコンキスタ完了まで、ナスル朝グラナダ王国の首都でした。

比較的じっくり観光できた場所だと思う。



グラナダホテル外観


今回泊まったホテルの中では
グラナダのホテルが一番キレイだった。


しかし・・・恐ろしく人気がない。 
従業員にも他の客にも全然会わない・・・。






グラナダホテル内部 


オフシーズンだからかなぁ??

( ̄ω ̄;)


だからこんなに部屋はキレイなんですけど、なんとなく不気味っていうか・・・

でもジャグジー付きにちょっとテンション高くなったw




さてさて、
グラナダといえば、あそこに行くしかないでしょう!


     アルハンブラ宮殿外観

アルハンブラ宮殿!゚.+:。(・ω・)b゚.+:。


レコンキスタの南進でコルドバを追われたイスラム教徒がこの地に辿り着き、
最後の砦として構えたのがこの宮殿。

アルハンブラの語源はアラビア語の「アル・ハムラー(赤)」。
「赤い城」とも呼ばれています。


では、この曲を聴きながらスクロールを♪ 

♪アルハンブラの思い出


へネラリーフェ庭園1

私が感動した1つめは

        庭!


まずはへネラリーフェ庭園を散歩。
迷路のようです♪






へネラリーフェ庭園2


お花がキレイに植えられていて・・・


ウットリ(〃ω〃) ♪


見とれて、みんなに遅れることがしばしば・・・w




へネラリーフェ庭園内噴水1


庭園はものすごく広大!
でもきちんと整備されていて、庭師さんが何人もいました。


こんなお庭なら毎日散歩したいなぁ♪







アルハンブラ建物入口

2つめに感動したのは、

         壁! 


すごいんですよ・・・
彫りと模様が!

(是非、クリックして拡大を!⇒)






いろんなパターンの彫りがたくさんあって、
1つ1つが細かいっっ!!
彫り1


彫り2



そりゃ、造るのに時間かかるわけですよ。
模様タイル2


同様に色つきタイルも様々な種類がっっ!
どこの壁も切り取って持ち帰りたいくらいの芸術品だと思いました。


イスラム教は偶像崇拝禁止なので、人物の絵などはありません。だからこそ、ここまで模様の文化が育ったのかも?





模様タイル4  模様タイル6

ひたすら壁を見ては感心するばかり。。。

色が落ちた壁もあるので、
全部に色がついてたらどれだけ鮮やかだったんだろう、と。
想像するのもタノシス♪


後宮の窓

(←クリックして拡大)

小さい写真だとゴタゴタしてみえるのは彫りが細かい故!

これはコマレス宮殿の向かいだったかな?
2階の窓の奥は後宮(*`・ω・)ゞデシ
こっちからは見えないように透かし窓なのです。



ライオンがない


ここはもっとも有名な場所!

本当は12頭のライオン像が水盤を支え、口から水をだしているのですが・・・修復中

 (ノд・。) グスン


2年かかる(なぜそんなにw)ってことだけど、スペイン人が言うことなので、実際は4年後だろうとガイドさん。ヾ(´Д`;●) ォィォィ


アラヤーネスの中庭1

アラヤーネスの中庭。

池が鏡のようです!
タージ・マハルもこんな感じですよね。

ホント、晴れてよかったなぁ。。


あ、ここで写真を撮るときは足元注意です!
先日も某ドイツ人が池に落ちたらしいからw


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




大使の間


大使の間。


アルハンブラ宮殿はDOLと関係ないだろうと思っていたけど、ここでコロンブスはイザベラ女王に謁見して、「新大陸発見しに行っていいよ~」という許可をもらったそうな。

レコンキスタ完了とコロンブス出発は同じ1492年ですね。


(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン




窓からアルバイシン地区2


そして
私のお気に入りはここからの眺め。
(*^-^)


アルバイシン地区を一望できます!!
 (クリックして拡大)

        



       アルバイシン地区

ステキ過ぎる~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


リンダラハ庭園


リンダラハ庭園。


一体いくつ庭があるんだろうww
こちらはレコンキスタ後につくられたらしい。

緑がたくさんあるっていいよね・・・


(○´д)(д`○)ネー





婦人の塔



パルタス庭園から婦人の塔を撮影。

「ヨーロッパの他の城は天空に向かって造られた。しかし、アルハンブラでは水の上の造られた。」という言葉が残ってるのがわかる気がしますねぇ。。





アルハブラのざくろ


これはなんでしょう?

石榴ですっ!

スペイン語で「グラナダ」ですね。
宮殿内はもちろん、市内にもけっこう植えてあるそうですよ。





アルハンブラの猫 

「あの金魚
 うまそうニャ・・・」



お腹に子供がいる白ネコさん。

宮殿内には猫がたくさん住んでました。
ネズミを食べるからOKなんだって。




こんな庭や猫を見ていたら、
東京の喧騒なんて忘れるよね・・・。・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・


アルハンブラ宮殿は、
キリスト教徒によるイスラム教徒からのイベリア半島奪還という意味を持つ建物。

レコンキスタ完了⇒財源に余裕ができる⇒航海の許可がでたということは、
大航海時代の発展に大きく関わりのある場所ですね。


                   発見物カード:アルハンブラ宮殿



まだスペインが終わらないw
次回はミハス篇!
2009.11.24 / Top↑
Secret