母の誕生日だったので、頑張りました!
誕生日ケーキ.

ショートケーキ!

私が作ったんですよ。(^ー^* )フフ♪
クリームをキレイにぬるのが難しかったですが、うまくできました!

母には当日まで私が作ること内緒にしとくハズだったんですが・・・

(Xデー前々日)

母「誕生日にケーキ作ってくれるんでしょ?」

私「はっ!? !!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)??? わ、私それ言ってないよね?」

母「だってお父さんが・・・言ってたよ?」

私「Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン




 言うなよ・・・父・・・ (ノ_-;)ハア…


私のサプライズはあっけなく失敗に終わりましたw
父にはコッソリ言ったつもりだったんですが・・・
ちゃんと口止めしとかないとダメですねw (;´▽`)アハハ




というわけで、母の誕生日はもちろんですが、
このブログにおいては、
スペイン・ポルトガル旅行記のラスト、
DOLではついにエル・オリエンテ実装!ということで、

(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゚☆おめでとぉ・:*:・゚☆

なんだかんだでどの街もガッツリ書いて、
結局日本実装までかかっちゃいましたねぇw

まぁ、でも
天正遣欧少年使節リス到着

彼らの到着と同タイミングでリスの記事を書けたのは、
よかったかな。


ということで、リスボン篇の続き(*`・ω・)ゞデシ
強引に終わらすので、長いですw 

さてさて、
天正遣欧少年使節も訪れたジェロニモス修道院の次に向かったのは、
道路はさんですぐのところにある2つのスポット。

まずは・・・

ベレンの塔!o(*^▽^*)o

リアルべレンの塔

DOLベレンの塔


16世紀初め、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念し、建てられた塔。
海賊などの攻撃に対して、港を守る要塞としての役目もあったそうです。

DOLで幾度となく見てるのにも関わらず、
これも帰国してから同じものだって気づいた・・・w
(だって、他の建物とくっついてんだもーん!)

塔の地下は水牢らしいです。
満ち潮になったら・・・コワッ!( ̄Д ̄;)

トレドを囲んでいたタホ川は、ポルトガルでテージョ川と名を変え、
この塔の横を流れてます。
スペインの時よりずいぶん川幅が広いなぁ。

リスボンで私達が海だと思っていたところは、
もしかしたら川なのかもしれませんねぇ。



続きましてべレンの塔のすぐ近くにある・・・

発見右側面
発見の

モニュメント!


エンリケ航海王子の500回忌を記念して、1960年に造られたもの。

座ってる人がいるのわかります?
比べると一目瞭然!
高さ52メートルもあるんだって。
すっごく大きい!

一番前がエンリケ航海王子。

ヴァスコ・ダ・ガマ、
カブラル、
バーソロ・デュー・ディアス、
フランシスコ・ザビエルなど、
大航海時代の先駆者がズラリ。





発見左側面


反対側には天文学者、画家、
詩人、数学者、神学者など。

航海に同行した職業の人達ですね~。


o(≧∇≦o)ダイコウカイ~ 


パシャパシャ写真撮りまくりましたw







DOLオープニング?w


近くにあったライト?みたいなの。

DOLのオープニングを思い出した。




   (*゚▽゚)ノ アッ








床地図1

広場の地面には大理石でできた世界地図が。

ポルトガルが発見した場所と年が刻まれています。




 おお~(o・∇・)o






床地図2

もちろん、日本もありますよ!

日本発見は1541

私達は「ポルトガル人種子島漂着」を
1543と習ってるんですけど・・・。

これは「ポルトガル船が豊後に漂着した年」。
日本の教えとは2年ズレがあるみたいです。



(゚д゚)(。_。)ナルホドォ




リスボンヨットハーバー

モニュメント横にはヨットハーバー!

すごい数のヨットがテージョ川に浮いてました。
(日曜だったからと思われ)

ポルトガルのセレブの船ですかねぇ。。







リスデパ地下1

その後は中心地にもどって、
デパートでお買い物♪

デパ地下は楽しい!
ポルトガルは焼き菓子がホント美味しいです。

エッグタルトの他には
シントラ名物の焼き菓子がオススメ!




リスデパ地下4


日曜ってデパートとバル以外のお店は、ほとんどお休みなんですよ。

日本なら休日こそ商売ですよね?w

これが国・宗教の違いか。
(安息日ってヤツですね)





ポルトワイン

普段は全然飲まない私ですが、
せっかくなんでランチでポルトワインを少々。

うっっ強っ  ( ̄へ ̄|||)


DOLポルトワイン



リス広場噴水


リスボン内の移動はタクシーが便利!

初乗りが安い(*`・ω・)ゞデシ
数人で行くのならすごくお得だと思います。

地下鉄を使うのもいいですね。

ケーブルカーにも乗りたかったなぁ。




リス銀行


中心地にあるリスボンの銀行!


銀行前でバザしてる人はいませんでした。


( ^∇^)ソリャソーダ


そして続いて訪れたのは・・・


サンタ・ジュスタのエレベーター


サンタ・ジュスタのエレベーター!

上に展望台があるんです。
やっぱり旅の締めくくりに
リスボンの町全体が見たいな~と思って。

すんごい危なげなエレベーターだった。

ガタガタいうしw

  ( ̄ω ̄;)


そして、昇ってみると・・・



リスボンの町が!

リス眺め1右

ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ


屋根の色が揃ってる~♪
オレンジが美しいですねっっ!

奥に見えるのは海にしか見えませんが、
テージョ川なんですよ。


リス眺め2左

晴れてたらさぞかしもっとキレイだったことでしょう。
それは次回にとっておくんだ!




丘も見えますね~
リス眺め3中央



(@゜Д゜@;)あら・・・?




サン・ジョルジュ城




あ、あれはもしや・・・





リスボンの高台では!(≧ω≦)

DOLリス高台


サン・ジョルジュ城!

リスボン最古の建造物。

ローマ時代以前に基礎が造られ、何度も主を変えて改装が重ねられてます。

あそこには大砲も残されているそうなので、
DOLの高台に間違いないでしょう。

眺めも素晴らしいに違いない。
今度来た時は晴れた日に絶対あそこ行く!!


('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン



翌日。
早朝にリスボンを発ちました。

そろそろ帰ってあげないと、父がかわいそうだしね。
(きっとさみしくて死んじゃうわ!)


大航海時代縁の地よ。

I'll be back!! o(^ー^)○


発見物カード:べレンの塔 発見物:発見のモニュメント 発見物カード:サン・ジョルジュ城




ポルトガル自分土産

最後はホント駆け足でしたw

もっと書こうと思えば書けるんですが、
読みたい人いるか謎だしww

気が向いたら番外編を書こうかなぁ。
(これから行く人へ向けて・・・とか)

今回の旅行は時間は全然足りなかったけど、
リスボン&セビリア行けて、
大航海時代が垣間見えたので、満足。

そして帰国してからDOLがより楽しくなったのは、
何よりの収穫♪




こんなマニアックな楽しみ方する私に、
付き合ってくれた母に感謝!
(あなたがいなかったらきっと寝坊してました)

快く送り出してくれた父に感謝!

何度もストップしかけた執筆を応援してくれた商会員&フレに感謝です!


(人´ω`).アリガト.。.:*


さて。
いよいよ、エル・オリエンテが始まりますね!


皆さん、

楽しみましょう! ( ̄Д ̄)ノ オウッ
2009.12.15 / Top↑
Secret